| Category:

かなり久しぶりになってしまいましたので、少しマニアックな話題を。

えっ、いつもの事?それは失礼いたしました。

`

一口にディスクオルゴールと言っても実にたくさんの種類が存在します。

一部互換性のあるディスクもありますが、そのほとんどが専用ディスクを使用します。

詳細なリストはホームページの方に記載致しますが(ここをクリック!) ブランド名をリストにするだけでも37ブランド、ここから各ブランドが違うサイズの ディスクオルゴールを製造していたので、実に204種類!とても覚えきれません。 後に記述する課題を解決すると少し減るかもしれません。

このリストは榎屋でのオルゴールの修復と、様々な文献、リカットディスクの工房の資料を基に 作成した物ですが、このリストの中に無いディスクオルゴールが存在していても不思議ではありません。

榎屋で作成したリストをホームページから公開致しますが、このリストには様々な課題があります。

リストは自由に使用していただいて結構ですので、以下の課題を含め皆様からの意見を募集したく思います。

迷惑メール防止のためクリックできませんが、support@enokiya.comまでどしどしメールお待ちしています。

転載の場合もご連絡ください。

このリストの課題。

1、コーム数とドライブの種類の項目があった方が良い。(多数把握しているのですが、整理しきれていません)

2、インチ表記に関する誤差の整理(下に例を挙げて説明します)

3、このリスト以外にも存在する機種がある。

インチ表記に関する誤差。

米国でのコレクターが多いため、ディスクサイズがインチをベースにしている物がたくさんあります。 おおらかな国民性なのか、インチ計測/表記の限界なのか、割とアバウトな物が多いです。

例を挙げると、

シンフォニオン  11 ...

| Category:

前回まで3話に分けてメルモフレールの紹介をしてきましたが、主にシリンダーメーカーとしてのものでした。 予告通りメルモフレールのディスクメーカーとしての実績を紹介したいと思います。創立の歴史等は前回までの話と重複する部分もありますが、Encyclopedia of Automatic Musical Instruments に忠実に翻訳してありますので、省略せずに記述します。 Miraの表記に関して、日本では「ミラとマイラ」のように「英国式と米国式」の読みの違いがあるようですが、榎屋では米国から輸入する事が多い為か、マイラで通っていますので、以下文中ではマイラと表記します。

では、どうぞ

 メルモ・フレール社は、1816年に創立され、長きにわたりスイスの最高級シリンダーオルゴール・メーカーの名を君臨させた。その会社がディスクオルゴール市場に参入してきたのは、1890年代の事である。メルモの主力商品は、ばねの力を利用したスター・ホイールにより裏面に突起の無いディスクの使用が可能になった(アンドレ・ジュノの特許)ステラ。そしてディスクに突起物のある、マイラであった。

 これらは、メルモ社が時計産業やソープ・ディスペンサー等に変換しはじめた1909年まで生産されていたと思われる(以前から時計産業は行っていた)。蓄音機等も扱っていたようで、オルゴールと組み合わせたマイラ・フォンも制作していた (Miraphonとして販売されていたが、英語圏ではMiraphoneとなっていた。)

 ステラと、マイラの機械のほとんどは、ケースなしで販売されていた。イギリス、アメリカ、フランス等のディストリビューターが機械のみを仕入れた後、各国々にあったケースに組み込み販売していた。これらの理由からステラやマイラのケースは、世界標準デザインが、存在しない事がわかる。

 1896年にG.ボートマンとアルフレッド・ケラーの二人がディスクのシフティング機構を発明した。これにより1周目は1曲目の突起に当たり、2周目は、ディスクがシフトする事により2曲目の突起に当たる。同一ディスクで2曲聞ける機能を持ったディスク・オルゴールが発明された。これらは、ニューセンチュリーやシリオンと呼ばれた。メルモ・フレールは主に機械のみの販売を行っていたので。ケースは、他の会社に任せている場合が多い。1903年にメルモ・フレール社は、ディスク・シフティング・システムで特許をとっている、しかも1枚のディスクで3から6曲演奏出来るものまでもあったという。しかしそれらのディスク・オルゴールが実際に存在したかどうかは、定かではない。

 アメリカに於いて、メルモ・フレールは、ニューヨークにあるジャコット・ミュージック・ボックス・カンパニーという会社が販売していた。この会社は、(サン・クロアにあるPailladとも親しかった)メルモ社のディスク・ボックスのカタログ制作にも力を入れていた。ジャコット社が販売していたステラの中には、電動式のモーターを使用したものもあった。

 ステラとマイラは、当時大量に生産されたにもかかわらず、ビッグ3と呼ばれるポリフォン、レジナ、シンフォニオンと比べると残存数が割りに少ない。メルモのオルゴールは、全般的なクオリティが高く、現在でも最高級機の一つと考えられている

 ニューセンチュリー・オルゴールは、ディスク・シフティング機能も加え、何種類か製作された。アメリカ製とヨーロッパ製のケースが一般的だが、今日では希少価値が高い。シリオン(作者はディスク・シフティング・タイプしかみたことがない)はドイツのケースで、とても希少なものだ。

 注:ステラのディスクは、当初亜鉛だったが、後期のものはスチール製。マイラのディスクは英語版と三カ国語(英語、フランス語、ドイツ語)がある。

Encyclopedia ...

| Category:

さて、今回で「Encyclopedia of Automatic Musical Instruments」からのメルモフレールのシリンダーについての歴史についての最終話となります。 今回も1895年のメルモフレール社のカタログからの抜粋が主な内容ですが、更に仕様についての詳しい説明と、数々の独創的な機能についての説明があります。 機能についての説明の部分には解りやすいように、写真を追加しています。

チューンシート上のメルモフレールのロゴ

1816年と記入されていますね。

 オルゴールの曲は櫛歯の調律とシリンダーに植え付けられたピンの配列によって決まります。サブライム・ハーモニーやソプラノ等の櫛歯が2つに分かれたタイプの物は最高の結果をもたらします。また櫛歯のスタイルの違いにより、違った効果が得られます。

 「PEERLESS ...

| Category:

2月は逃げるとはよく言ったもので、あっという間に3月になってしまいましたね。更新も1ヶ月出来ないままでした。 メルモフレールについての記事が長い間第1話で止まっていましたが、ようやく第2話の始まりです。 今回は前回の予告通り、メルモフレールのシリンダーオルゴールに関する仕様が主な内容です。 Bower氏が1895年当時のメルモフレールのカタログから抜粋していますので、ご一読ください。

ではどうぞ


 1895年のメルモフレールのカタログのまえがきに同工房のオルゴールの形式と詳細な説明書きがある:

 『どんな時代でも高尚で気持ちを高揚させる音楽の力は評価されてきました。どんな野蛮な人からとても洗練された人であっても音楽の魅力から逃れる事は出来ません。音楽は人々の生活にとってとても重要であり、それ無しではどんな教養も完全ではありません。しかし、ピアノやその他の楽器を人に聞かせる事のできるレベルまで上達するにはどれだけの時間とお金がかかるでしょうか。このような多忙な時代にどれだけの人が音楽の上達に時間を費やせるでしょう。

 上達に費やす時間を回避するために、家庭で手軽にすばらしい演奏を再現できる楽器の発明に、先人達が行く年もの時を費やしてきました。

 たくさんの楽器や装置が発明されていく中、我が社の販売しているIdeal ...

| Category:

 前回の記事から少し時間が経ってしまいましたが、今回もシリンダーオルゴールのメーカーについて紹介したいと思います。

メルモフレールというスイスのメーカーなのですが、やはりこのメーカーも前述のニコルフレールに負けず劣らず、すばらしいオルゴールがたくさん残っています。修理のために分解してもこのメーカーの機械は興味深い構造のものがたくさんあります。後にディスクオルゴールの分野にも進出し、シリンダーオルゴールのみを制作していたメーカーが衰退していく中、ディスクオルゴールでもStellaやMiraといった名機を生み出しています。コレクターの間ではディスクオルゴールの機械はスイス製、筐体は米国製ということが浸透していますが、シリンダーオルゴールの頃からもそのような生産形態を取っていたようです。

 作業の合間に記事を書いてるため、翻訳に少し時間がかかりそうなので、数日に分けて掲載していきたいと思います。